5/29 (金)  Hawaiian 8 Cafe」 公開イベント 参加アーティスト

Ian  Shiroma  

 

オアフ島 出身のハワイアンミュージシャン

 

1974年  ハワイ・ホノルルにて生まれる。

 

1979年  5歳の時、ロイ・サクマウクレレスタジオにてウクレレを始める。

 

 

1997年  自身初のバンド ”Backyard Paina” を結成。

 

 

1999年  ワードセンターのスクージーズにてレギュラーライブをスタート。

 

 

2001年  バンド”バックヤード・パイナ” アラモアナ”マイタイ・バー”にて演奏、7年続く。

 

 

2004年  オリジナルCDアルバム "Proud to be” 発売。

 

 

2008年  愛知県岡崎市に移住。ハワイソングを中心とした、ライブ活動を積極的に開始する。

 

 

2013年 セカンドCDアルバム(日本デビューアルバム) “Born of Song" 発売。

 

 

2014年 ハワイのグラミー賞とも言われるNa Hoku Hanohano Awardの

 

      

               国際部門にノミネートされる。 今後、ますますの活躍が期待される、ミュージシャンである。

 

 

 

オフィシャルHP: www.ianshiroma.com

 

Ian Shiroma

Herb Ohta Jr.

 

1970年ハワイ州ホノルル生まれ。

 

父はウクレレ界の 巨匠 “オータサン” ことハーブ・オオタ。

3才で初めてウクレレを手にし、祖母の手ほどきでウクレレを弾き始める。

1990年、レコーディング・アーティストとしてプロデビュー。

以後、ナ・ホク・ハノハノ・アワードで最優秀インストルメンタルアルバム賞を受賞など

数々の名誉ある音楽賞を受賞しています。

 

今年、JST Nagoya Hawaii Festivalに初登場です!!

 

Herb Ohta Jr . 

山内 アラニ 雄喜

山内 アラニ 雄喜 with Kani Ka Pila Band

 

 

日本を代表するスラック・キー・ギター & スティール・ギターの名手、

山内 アラニ 雄喜が、JST Nagoya Hawaii Festivalに、登場します。

 

1970年代、ハワイの伝統文化復興期にハワイに渡り、

レイ・カーネに師事し、スラック・キー・ギターを学び

ギャビー・パヒヌイサニー・チリンワースなど

ハワイの伝説的なミュージシャンとの共演も多数。

 

オリジナルアルバムのリリース、書籍の執筆、解説文の執筆など、

多岐にわたるハワイの音楽と文化を真に伝えるに活動は、

国内はもとより、ハワイ、そして、海外からの評価が高く、

2014年、ハワイのグラミー賞とも言われる「ナ・ホク・ハノハノ・アワード」で

 

 

日本人初の「特別功労賞」を受賞した。

 

 

 

           

 

今回のステージでは、山内 アラニ 雄喜さんを敬愛する、

ミュージシャンが集まり、Kani Ka Pila Band を結成します。

ステージの最後には、Kani Ka Pila (カニカピラ) タイムを設けます。

 

Kani Ka Pila タイムとは  ... 

みんなで、ギターやウクレレを演奏して音楽を一緒に楽しむ時間です。

もちろん、楽器演奏だけでなく、歌も入れば、フラも入ります。

ハワイの音楽と文化を、ステージも観客も一体となって楽しみましょう!!

山下 マヌー(旅行作家)

 

編集者を経てコラムニスト・旅行作家に。海外渡航回数300回超。
海外に関する著作は50冊を超えた。

 

『1週間ハワイ改訂版』、『ハワイ¥1000でできること』などのほか、

などアジアの旅行ガイドも多数。たくさんのハワイに関する旅行ガイド本を

出版し、多くの読者に指示されている。

山下 マヌー(旅行作家)

高山 求(ハワイ写真家)

高山 求(ハワイ写真家)

 

ハワイの島々を、自然光にこだわって

撮影し続けている写真家。

 

ハワイの島々の写真だけを、ずーっとこだわり続け、

撮り続けている写真の数々は、風や空気や海の水が、

リアルに伝わる芸術作品である。